FC2ブログ

ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子

8月15日。終戦記念日。 
     
特攻隊の基地―鹿児島県知覧町で
富屋食堂を営む鳥浜トメは、まだ少年ともいえる特攻隊員から
「小母ちゃん、小母ちゃん」と実母のように慕われていました。
きっと、ふるさとの実母と同じような優しさを感じていたのでしょう。

― 「死んだらまた小母ちゃんのところへ、ホタルになって帰ってくるよ」と
言い残して出撃した宮川三郎軍曹。
その夜、本当に一匹のホタルが、トメの家に入ってきた ―

特攻隊員の最後の様子と母であるトメさんの姿を
娘の礼子さんが、ありのままに綴った物語です。

まず最初に、口絵の写真の数々を見ただけで
胸がいっぱいになります。特攻隊員の若さ。
純粋なまなざし。家族を、大切な人々を
自分が守る。これで守るんだ!と信じていたのでしょう。
トメさんをはじめ、見送る人たちの写真も
たくさんあります。

特攻という作戦が、本当に愛する人を救うことに
なるのか…という疑問がなかったわけではない。
でも、それしか選択肢がなかったら…
戦争という極限の状況で、冷静で
合理的な判断が下せるのか…
残念ながら、下せない。下せなかった。

戦争の真の姿を、静かな語り口で
ずしりと重く伝えてくれます。
決して、戦争をしてはいけない。
不戦の誓いを新たにします。
ずっと読み継いでいきたい一冊です。



この本の詳細→ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子



いつも応援ありがとうございます☆

   
関連記事
Secre

プロフィール

skydon

Author:skydon
はじめまして♪
「本棚とあれやこれや」に
ようこそ!本の感想や
skydonの身のまわりにおこる
あれやこれやのブログです。

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード