転んでも大丈夫  ぼくが義足を作る理由

     転んでも大丈夫
 筆者は、義肢装具士の臼井二美男(うすい ふみお)さん。

義肢装具士は、生まれつき手足のない人や
病気や事故で手足をなくした人に
そのかわりになる「義手」や「義足」を作る人です。

臼井さんは、パラリンピックで、義足の選手たちの
サポートをします。選手にとって
なくてはならない人です。

パラリンピックは
「パラレル(もうひとつの)」と
「オリンピック」を合わせた言葉です。
9月7日から18日の
リオデジャネイロ夏季大会では
22競技が行われます。
今朝、開会式の様子が中継されていました。
明日から、車いすバスケットボールや
競泳が始まります。
陸上競技では、義足の選手が
たくさん出場します。

アスリートのためだけではなく
日常生活を少しでも快適に
過ごせるように作る義足もあります。

この本を読んで、義足の仕組みや
作り方など、知らなかったことが
たくさん書いてあって、驚くことばかり。
臼井さん自身は28歳まで(現在61歳)
いまでいうフリーターでやりたいことが
見つからなかったそうです。
それでも、一生をかける仕事に
めぐり合えました。
人生に、どんなことが待ち構えているのか
いいことも、つらいことも…
それでも生きていくのだ!
もうちょっとだけ、頑張ってみよう。
そう思える一冊です。


この本の詳細→転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 (ポプラ社ノンフィクション)



パラリンピックに出場の選手の皆さん
全力を出し切ってくださいね~♪
ファイト~~~☆
ポチッとクリックお願いします
          

  いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Secre

プロフィール

skydon

Author:skydon
はじめまして♪
「本棚とあれやこれや」に
ようこそ!本の感想や
skydonの身のまわりにおこる
あれやこれやのブログです。

最新記事

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード