湊かなえさんのおすすめの「殺人交叉点」

3月12日にTY東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)の
「スミスの本棚」というコーナーで
湊かなえさんが推薦した本を読みました。
「殺人交叉点」という本です。

湊さんといえば2009年に「告白」で拙ブログに登場

そして、今 
白ゆき姫殺人事件
   ↑を、原作とした映画が公開中です。

あっという間にミステリー界で、なくてはならない作家と
よばれるまでになりました。
でも、あまり後味の良くない作品が多いので
嫌な感じのミステリーということで
  イヤミスの女王
になってしまいました。あらら~

スミスの本棚(→番組HPはこちら)で、紹介した本が
殺人交叉点
「殺人交叉点」
フレッド・カサック著 平岡 敦 訳
(創元推理文庫)

最後に大どんでん返しがあるのですが、その前にも
中どんでん返しがあります。
ただ、外国文学を読むときには
いつも、登場人物が誰や誰やらわからなくなり
最初の登場人物の紹介コーナーを
何回も見返すのです。そして、大どんでん返しの
あったこの作品も「え~と、だれだっけ?」と
紹介コーナーに戻ってしまい
驚きが中途半端になってしまいました。残念。

スミスの本棚で、お話している湊さんは
近所の気のいいおばちゃん。といった雰囲気で
イヤミスの女王って感じはありません。
おっとりしている感じです。
こういう感覚が、ミステリーに通じるのかも。
ちょっと錆びついた頭の体操に、おすすめします。

衝撃のデビュー作「告白」→告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

映画の原作「白ゆき姫殺人事件」→白ゆき姫殺人事件 (集英社文芸単行本)

おすすめの「殺人交叉点」→殺人交叉点 (創元推理文庫)



花冷えで、風の冷たい日が続いています。
チューリップも、戸惑っているかもしれません。
ポチッとクリックお願いします↓
 
          


関連記事
Secre

プロフィール

skydon

Author:skydon
はじめまして♪
「本棚とあれやこれや」に
ようこそ!本の感想や
skydonの身のまわりにおこる
あれやこれやのブログです。

最新記事

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード