FC2ブログ

一陽来復―季節風 冬

一陽来復は、重松清 著
「サンタエクスプレス  季節風 冬」に
おさめられている短編の中の一つです。

     

一陽来復とは
「冬が去り春が来ること。悪い事が続いた後、幸運に向かうこと」
という意味があります。
この物語には、3組の家族が登場します。
まず最初は、パパと離婚したママと
2人家族になった美紀ちゃん。
二番目は、ひいじいちゃんと
自分は家族だったのか実感がないまま別れた
高校生のヨウ君。
三番目は、合格確実だと思ってた
中学受験に失敗した12歳の加奈さん。

全く接点のない家族ですが、ある場所で
つながりが生じます。それぞれの家族には
どんな一陽来復が訪れるのでしょうか。

一陽来復とは、陰暦の冬至のことですが
明日から春…立春の前日、つまり節分の日の
キーワードになっています。

作品の中で登場人物が
節分だと知るのは、コンビニで
「恵方巻」と「豆まきセット」が
売っているからです。
恵方とは、その年の歳徳神(福徳を司る歳神様)のこと。
今年(2019)の恵方は東北東。
歳神様のいらっしゃる方に向かってことを行えば
万事に吉だそうです。

恵方巻はコンビニのおかげ
全国的になったようですが
その反動で、大量廃棄があったりして
素直に丸被りできない感じで
小さな時から慣れ親しんでいる
大阪出身のわたしは寂しいです。

表題の「サンタエクスプレス」のほか
一陽来復も含め12編の短編が
収録されています。
どの作品も「冬」に読むのに
ぴったりです。
この本の詳細→サンタ・エクスプレス―季節風 冬


豆まきしますか?するよ~な人も
しないのよ~な人も
ポチっとクリックお願いします↓
      

いつも応援ありがとうございます☆


あの日をわすれない はるかのひまわり

1995年1月17日 午前5時46分
兵庫県淡路島の北部を震源に
地震が発生しました。
阪神淡路大震災から
24年がたちました。

新年の歌会始めで
天皇陛下が詠まれた歌

贈られしひまはりの種は生え揃ひ
葉を広げゆく初夏の光に

宮内庁によると天皇、皇后両陛下は
2005年、阪神大震災から10年の追悼式典に出席した際
震災で姉を亡くした少女からヒマワリの種をもらい
お住まいの御所の庭で毎年育てられてきたそうです。
天皇陛下はこのヒマワリが成長する様子を
歌にされたのです。

つらい思いをされた人々の心に
寄り添う…を言葉だけでなく
実践されていることに感動しました。
このひまわりは
はるかのひまわり
とよばれています。

    

あしたも、あさっても
きょうと同じような日常がある…と
漫然と思っていますが
実はそうではない、のです。
様々な災害や事故を通じて
わかってはいるけど実感できない。

「あの日をわすれない はるかのひまわり」は
巻末で阪神淡路大震災で
何が起こったのかも記載されています。

忘れない…とても大事なことだと思います。
この本の詳細→あの日をわすれない はるかのひまわり (PHPにこにこえほん)




いつも応援ありがとうございます☆

ねこの商売

新年あけて、今日は七草がゆの日。
ついつい食べ過ぎて、働きすぎた胃腸を
休めてあげるという先人の知恵。
今月中に正月太りを解消するぞ!

きょうの日本経済新聞のコラム欄に
「今年の仕事始めはいつですか」と
TOKYO FMが独自で調べた結果が載っていました。
4日から6日の間 36.8%
7日以降     36.3%
三が日のうちに始まっている 26.9%

いろいろな働き方があるとはいえ
他の人が休んでいるときに
仕事をしている人がたくさんいらっしゃることに
改めて驚きました。ありがとうございます。

ねこも働くという物語↓
      

忙しいときには「猫の手も借りたい」
そんな方のために
「まねきねこ派遣協会」が
ねこを派遣してくれるのです。
なんと!商売繁盛の役に立ってくれるのです!

美しくおいしい和菓子を夫婦で作っている
「幸福堂」さんに、かわいい三毛猫が
派遣されてやってきます。
身分証明書を携えて。

さぁ、どんな働きを見せてくれるので
しょうか。二股英五郎さんの
温かみのある絵が、物語の世界を
しっかり表してくれています。

猫の話す言葉が、いかにも
そんな感じでしゃべるだろうなと
微笑ましいです。

それぞれの持ち場で一生懸命
働くって、いいなぁと思える
児童書です。
この本の詳細→ねこの商売 (福音館創作童話シリーズ)


ポチっとクリック 
おにゃがいしますにゃ↓
        

いつも応援ありがとうごにゃいます☆

あけましておめでとうございます♪ 十二支のおもちつき

新年あけましておめでとうございます。
2019年。平成31年(4月には新元号が発表される予定とか)

今年の干支はイノシシ
実は…と、声をひそめることもないのですが、私の干支は
イノシシなんです♪そう、年女!そして…ええ、ええ”かんれき”なんですの。



イノシシは、干支の順番では12番目、一番最後です。
絵本「十二支のおもちつき」の表紙では
牛とともに、勇ましく杵を持っております。

楽しい物語を通して
お正月や、お餅つき、そして干支についてが
身近に感じられる絵本です。
とにかく、絵が可愛いの☆

お正月の正しい過ごし方は
「寝正月」なんですって。
嬉しいわ~^^

この本の詳細→十二支のおもちつき (単行本絵本)


今年も、拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

  ポチっとクリック御願いします

くまのこのとしこし

クリスマスが終わったら
大急ぎで新年の準備が始まりますね。
昨夜、スーパーに行ったら、まだ25日だというのに
クリスマスモードはかけらもなく
BGMは第九でした!段取りがいいというのか
余韻がないというのか…
まだ、チキンやケーキを食べたいのに~(トホホ)

         

「もうすぐ らいねんがくるよ」と聞いて
いったい「らいねん」とは何者だ…と
とっても気になるくまのこ。

くまのこは、お父さん、お母さんと一緒に
なんだかよくわからないまま
お正月の準備をします。

さぁ、無事「らいねん」がやってくるところを
見ることはできるのでしょうか。

熊は猛獣なのに、絵本には
可愛いくまさんが登場するお話が
たくさんあって、とても不思議です。

作者の高橋和枝さんの経験をもとにした
おはなしです。
大晦日の特別な雰囲気が
とてもよく伝わってきます。

季節感がなくなってきていますが
新年を迎える厳かな気持ちは
いつまでも大切にしたいと思います。

この本の詳細↓
くまのこの としこし (講談社の創作絵本)



大掃除、もうやったよ~な人も
まだだよ~な人も
大掃除はしませ~んな人も
ポチっとクリックお願いします↓
      

いつも応援ありがとうございます☆

プロフィール

skydon

Author:skydon
はじめまして♪
「本棚とあれやこれや」に
ようこそ!本の感想や
skydonの身のまわりにおこる
あれやこれやのブログです。

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード