パンダコパンダ

11月3日、文化の日は「晴れの特異日」
さすが、特異日! きょうはまさに秋晴れ♪
ついに!ではなくて、ようやく扇風機を
片づけました

上野動物園で6月に生まれた
ジャイアントパンダの赤ちゃん。
シャンシャン(香香)と名付けられ
すくすく成長している姿を
ニュースなどで見ています。
大人のパンダも愛らしいですが
赤ちゃんパンダは、ほんとうに
可愛らしくって、ずっと見ていたいほどです。

2012年に生まれた赤ちゃんは
命名前に亡くなったので
シャンシャンには、元気に
育ってほしいです。
2012年には、こんなこと書いてました
        ↓
シンシン出産おめでとう♪

1972年に公開された映画
「パンダコパンダ」
宮崎駿さんが、原作者でのちの
となりのトトロにつながるとも
いわれている作品です。

こちらはDVD↓     
     

絵本もあります
     ↓
   

子どもたちが幼いころ
何度も一緒に見た「パンダコパンダ」
久しぶりに見て
懐かしさで胸がいっぱいになりました。



そろそろ紅葉の季節ですね~♪
ポチっとクリックお願いします↓
         

いつも応援ありがとうございます☆

神去なあなあ日常

きょう10月8日は木の日!

なんで?語呂合わせではありません。
漢字で「十」と「八」を
縦というか、うまい具合に組み合わせると…
あ~ら不思議「木」になるではありませんか!
といことで、1977年に制定されたそうです。
もう40年の歴史があるのですね。

林業に触れることができる小説
      
    三浦しおん 著
    

高校を卒業したばかりの青年が
三重県神去村で、林業に携わるお話です。
「なあなあ」とは、村の言葉で
(ゆっくり行こうよ、というようなニュアンス)
ですが、都会育ちの主人公は
過酷な林業に悪戦苦闘。
ヒルにかまれて大騒ぎ(涙)

様々な人々との触れ合いに
読んでいて「なあなあ」だよね~と
ゆったり主人公を応援したくなります。
林業の大変さと、意義深さを
改めて知ることができました。

この小説が原作の映画
「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」も
おすすめです。なんせ
キャッチコピーが
「少年よ 大木を抱け」なのだ!
            

この本の詳細 →神去なあなあ日常 (徳間文庫)

このDVDの詳細→WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディション


すっかり秋ですね~風邪ひいていませんか?
ポチっと応援クリックお願いします↓
      


   いつも応援ありがとうございます☆


今日はヒョウ柄を着る日

星野博美 著  
ヒョウ柄、といっても可愛いピンクのヒョウ柄の表紙。
        

ヒョウ柄を着ている人…誰を思い出します?
著者の星野さんは
英国出身の歌手「ロッド・スチュワート」さん!
なるほど~確かに着ていました!
わたしは…男性なら
「ダイアモンド☆ユカイ」さん!
実際に着ていたかどうか、定かでは
ないです あくまでもイメージです。
ユカイさん、最近はすっかり気のいい愉快な
おじさんになってしまって(こちらもイメージ先行)
優しいヒョウです。

女性なら…そう!「大阪のおばちゃん」!
なんだか、世間ではすっかりそのイメージです。
母や親せきのおばちゃんたちが
ヒョウ柄を着ていたという記憶はないけど
ヒョウ柄と大阪のおばちゃんは
ほぼイコールですよね。

ところが!星野さんの地元「戸越銀座」にも
ヒョウ柄のおばちゃんが
高確率で、出没しているらしいです。

なぜ、ヒョウ柄を着るのか?という
星野さんの考察が面白いです。
なるほど!です。

そして、星野さんのご両親との
何気ない会話に潜む「老い」の実感。
気持ちとしては
星野さん(1966年生まれの娘)側の
立場でいたいのですが、自分がやっていることは
限りなく星野さんの両親に近い(トホホ)

「この事件の裏には影武者がいるな」
(いえいえ、いるとしたら黒幕ですよ!)

「きょうの先発はキッシンジャーだから楽勝だ」
(え?キッシンジャーって、アメリカの元国務長官?
って、思ったあなた!まちがなく同年代だわ♪)
(キッシンジャーじゃなくて
阪神のメッセンジャー投手が正解です)

自分では正しいことを言っているつもりでも
脳内変換機能が衰えてきて
どうしてもトンチンカンになってしまう。
そんな日常を温かく見守る星野さん。

わたしもいつかヒョウ柄を着る日が
来るかもしれない。その時は
堂々と胸を張って、ヒョウ柄を着てやる!
猫背のヒョウなんて、トンチンカンすぎる。

年を取るのも悪くないなぁと
読んでいる間中、ニヤニヤしちゃいました☆



この本の詳細→今日はヒョウ柄を着る日



ポチっとクリックお願いします↓
       
人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます☆
  





なく虫ずかん

 あっという間に秋がやってきました。
日中は蝉が鳴いていますが
日が暮れはじめると同時に
秋の虫の声が大きくなってきます。

そんなときにおすすめしたいのが↓   
         

表紙に、いろんなフォントで
虫の鳴き声がかかれています。
鳴き声の特徴がよく表現されています。

表紙を開くと
《テレビをけして、耳をすませてごらん!
人類が地上にあらわれるまえから
奏でられてきた、虫たちの音楽がきこえてくる》
と、書かれています。

木の間でないている虫。
くらやみでないている虫。
林の中でないている虫。
川の岸辺でないている虫。
海辺でないている虫。
家の周りでないている虫。

目で見る虫の鳴き声と
松岡達英さんの、精緻な絵とで
しっかり特徴がつかめます。

この絵本によると
我が家の庭で鳴いているのは
エンマコオロギ
スズムシ
カヤキリ
クサヒバリ
カネタタキ  のようです。
ということで、そりゃぁもう
にぎやかです。

巻末にある
虫がなくとはどういうことか…
という解説が、とてもわかりやすいです。

秋の夜長におすすめの絵本です♪
この本の詳細→なく虫ずかん (みるずかん・かんじるずかん)

秋の虫の声、聞こえていますか?
もう、うるさいくらいだよ~な人も
まだ聞いていないな~な人も
ポチっとクリックお願します

   
人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます☆

スローなブギにしてくれ

本日8月19日は、なんと! バイクの日
8(バ)1(イ)9(ク)で、バイクの日!という
語呂あわせですが、な~んだ…で済ませてはいけませんぞ!
だって、だってさ、この語呂合わせを
バイクの日に設定したのは、何を隠そう
総務庁交通対策本部なのだよ。
バイク事故の防止を願っての事らしいのですが
この安直な語呂合わせを
こわ~いおじさま方が、むつかしい顔をして
延々続く会議の果てに決めたかと思うと
ちょっと笑っちゃうのです。

バイクといってすぐに思い浮かぶのが
         
      

30年ほど前の青春って、こういう感じだったのかな?
自分もその年代のはずなんだけど…
とても懐かしい雰囲気。みんな若いね~☆

“スローなブギにしてくれ”なんだか
かっこいい雰囲気の言葉。
この歌が、流れていましたっけ。
    
南 佳孝 さんが ♪~Want you ~♪と歌い出す
あの、ちょっと気だるいような歌。
気障で大人っぽい。


バイクに乗っている人が、事故を起こしたり
事故に巻き込まれたり
怪我したり、もっと重篤な事にならないで
無事に、帰宅できますように。
今日に限らず、一年中いつでも
無事故を願っています。


甲子園、応援しているチームは
勝ち進んでいますか?
敗退しちゃったよ~な人も(涙)
優勝だぁ~な人も
ポチッとクリックお願いします↓
     

いつも応援ありがとうございます☆

プロフィール

skydon

Author:skydon
はじめまして♪
「本棚とあれやこれや」に
ようこそ!本の感想や
skydonの身のまわりにおこる
あれやこれやのブログです。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード